【水着】2018 オフショットと開発秘話

昨年大人気だった「セーラービーチウェア」

ビキニタイプはゲームのデザインに採用され、まさかのコラボレーションに発展した新しいタイプの水着

ご購入頂いたお客様からも

「可愛い!」

「甘すぎない!」

「適度に隠せる!」

と好評を頂いておりましたが、やはり

「ワンピースタイプ出して欲しい」

というお声を多数頂いておりました。

2018年はワンピースタイプをメンバー全員が気合いを入れて

開   発

「ロゴのプリントを入れる?」

「色はどうする?」

「丈はどうする?」

「胸の持ち上げはどうする?」

「パンツはどうする?」

既に昨年話題になった水着の第二弾。

見る方には新鮮な驚きを、でも前からあったかのような安定感と完成度でやりたい。

それにはくどい程のディスカッションが必要なのです。

開発中の画像です ロゴと黒い方のデザインはイメージ

メンバーのみならず、各々の友人・家族を巻き込んで

「パンツは何色がいいと思いますか投票」が行われ。

紐パンかださパンかを深夜まで語り合い。

 

パンツのアイデア遍歴 シンプルなホワイト > 紐が欲しい > 白だと下着感強すぎ > 黒いセーラに青の縞パンだとマニアックすぎる! > じゃあピンクは? > ピンクのボーダー。。。水彩で。。 > 白襟の方に合わない > グレーのボーダーは?

それだ!

紐は縫い止められており、パンツから取れることはありません。

泳いでいたらパンツが無い!というハプニングは起こりませんのでご安心ください。

 

 

 

パンツの柄だけでなく、細部まで拘った水着となっているのですが、

デザインする上で一番気にかけた事

それが

”いかにスタイル良く見えるか”

昨年開発されたセーラー水着で一番のポイントは、フォルターネックで繋げる事によって肩のストラップを無くした事で、バストラインと背中の両方がキレイにまとまっている事でした。

もちろんこちらはワンピースタイプにも継承しています。

問題は、ビキニタイプはヒップハングからのスカートによって括れや脚長効果を狙っていたのに対し、

ワンピースは寸胴に見えやすい、という事でした。

そこで、胸のすぐ下からくの字型に切り替えを入れ、腰からフレアを大きめにとり、スカート丈をビキニボトムに比べて

少しだけ伸ばしました。こうする事により、身幅自体がスッキリ見えます。

背中の空き具合もストレスの無いカーブに調整。多くの方に合うシルエットになっていると思います。

 

裾の始末は今回の水着の為に、特別に開発して頂きました

ちょうど良い張りが出ていてパーフェクト

 

 

メルマガでも少し触れられていましたが、去年はカツカツスケジュールだったので

水着の撮影は室内だけだったんです。

今年は早朝の海で撮影。早朝だったのですが、ポカポカした気持ちの良い日でした。

商品ページ未掲載も含めてこちらで掲載

 

暖かくて気持ちよかったのですが、残念ながら曇り空。

夏本番ではぜひこの”インスタ映え必至”ウェアで本物の夏の海を満喫して下さい!

 

4月24日から先行予約開始!混雑を避けて確実に手に入れたい方はお見逃しなく!

 

ビキニタイプのご予約はこちら >>

ワンピースタイプのご予約はこちら >>

 

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

最後まで見てくれたあなたに、はしゃいでコケるモデルさん(笑

Kamikawa

You may also like